• ホーム
  • 不感症とはどういう症状か

不感症とはどういう症状か

パートナーとのセックスは子孫を残すという意味もありますが、それだけでなくコミュニケーションツールとしても重要な役割を持っています。
だからこそお互いに気持ちよく行いたいものですね。
ですが、どちらか一方はもしかしたら気持ちいいとは思えないままに行っており、ひそかに悩んでいるかもしれません。
性的欲求はあるけれども、性的刺激を受けたとしても興奮できないという症状を不感症と言います。
男性であればEDや早漏などが不感症にあたると言われています。
性行為をしていても勃起しなかったり勃起が不完全だったりあっという間に果ててしまったり、症状は分かりやすいのですが、女性の不感症だと濡れ方や感じ方というのは人それぞれなので分かりにくい部分があります。
パートナーが頑張ってくれているからと演技している場合もあります。
ですが、できればお互いに楽しめる方がよいですから、一人で悩むのではなくパートナーに相談してみたり、原因を追究してみませんか。
それによって逆に二人の仲が深まるかもしれません。
不感症の原因はさまざま考えられます。
たとえば女性に多い冷え性が原因で身体が温まらず感度が落ちているのかもしれません。
病気や怪我の後遺症として・それを治療するための薬の副作用で不感症となっているケースもあります。
精神的な問題から引き起こされることもあります。
女性も社会に出て仕事を頑張っている中で日々のストレスで性的刺激に鈍感になっているのかもしれません。
かつての性へのトラウマが原因のことも。
パートナーに対して・あるいは男性全般に対して・性行為自体に対して痛い・怖いという思いを持っているのであればオーガズムを感じるどころではありません。
あなたの不感症は身体的問題・精神的問題のどちらから来ていると思いますか。
もしかしたら両方かもしれません。
原因を追究することで改善法は見えてくるでしょう。
女性が感じてくれなかったら男性の側も不安になり不感症におちいらないとは限りません。
パートナーと一緒に解決すべき問題です。

女性の不感症の場合は経験を詰めば治る可能性が高い

初めてのセックスはとにかく痛いし、未知の世界のことだからこそ怖いという思いが強くて緊張のままに終わるという場合が多いでしょう。
ですが、経験を詰んでいく中でパートナーと一緒になれる幸せなこと・嬉しいことというのが分かり、心がリラックスしてくれば身体もリラックスして濡れやすくなります。
女性の不感症は経験を詰むことで治る可能性も高いのです。
一人で悩みを抱え込むのではなくパートナーに相談するだけでも緊張がほぐれるでしょうし、パートナーの側も少しでも痛みを感じなくて済むようにと更にスキンシップ・前戯を増やせば心も身体も更にほぐれていきます。
媚薬などの道具を使って、セックスが気持ちいいことを身体に覚えさせてやってもいいですね。
過去につらいセックスをしているとほぐれるまでに時間はかかるかもしれませんが、良い相手にめぐり合うことができればいつかは治すことができます。
もしも性とは関係ない部分から受けているストレスが原因の場合も、パートナーに話してみてはいかがでしょう。
自身でストレス解消法を見つけることも大切です。
身体的問題によって不感症となっている方もいます。
ダイエットを意識して無理な食事制限をすることで起こることも多いです。
生活習慣の見直しから始めてみてはいかがでしょうか。
本当によいパートナーであれば悩んでいれば相談に乗ってくれるでしょうし、痛みを感じて気持ちよくないというなら気持ちよくなれるように考えてくれるでしょう。
性に対する考え方が昔と比べてかなり自由になってはきていますが、性病をもらったり無駄なごたごたを引き起こさないためにも、性病や望まない妊娠などで自身の身体を痛めないためにも、本当に気持ちいいセックスをするためにも、本当の相手を探すことも大切です。