• ホーム
  • レビトラの成分による効果と副作用

レビトラの成分による効果と副作用

レビトラは日本の製薬会社が開発した勃起不全の治療薬です。
有効成分としてバルデナフィルが含まれており、服用するとペニスへの血流が増加し勃起不全が改善します。
バルデナフィルには性欲や性的興奮を高める効果はありません。
あくまで血流量を改善して勃起不全を治療します。
服用しても日常生活の支障となる心配は不要です。
レビトラは服用しただけで勃起するのではなく、性行為時に刺激を与えることで勃起するのを助ける効果があります。
勃起状態を維持するのが困難な人や、勃起不全に悩んでいる人に最適の薬です。
服用方法としては性行為の1時間ほど前に水やぬるま湯で摂取します。
効果が実感できるまでの時間は体質や体調によって個人差があります。
レビトラは空腹時に服用すると効果的です。
およそ20分ほどで効果が現れます。
アルコールの摂取は適量であれば気分を落ち着かせるので、有効成分であるバルデナフィルの効果を高める働きがあります。
過剰にアルコールを摂取した場合には、有効成分の効果を十分に発揮できない可能性があるので注意が必要です。
レビトラを服用した場合の効果持続時間は10mgで5時間ほど、20mgで10時間ほどとされます。
効果持続時間は体質や体調によって個人差があります。
空腹時にレビトラを服用すると持続力を維持できるだけでなく、薬の効果を早めることができます。
基本的に食事による影響は大きくはありません。
食事をとる場合には30分ほど前に服用すると、食事の影響が抑えられるため効果的です。
レビトラには有効成分バルデナフィルの血流促進効果による軽度の副作用が存在します。
副作用には目の充血や紅潮、動悸、鼻詰まり、頭痛などがあります。
副作用が発症しても4時間から6時間ほどで回復するのが通常です。
回復しない場合には医師に相談する必要があります。
グレープフルーツなどフラノクマリン酸を含む食品を摂取すると、副作用が強まるので注意が必要です。

レビトラは病院でいくらで処方してもらえるか

レビトラは勃起不全の治療薬として人気があり、個人輸入代行サイトなどを通してジェネリック医薬品を購入することも可能です。
本家のレビトラを病院で処方してもらう場合の値段は、保険が適用されないため高額です。
10mgだと1錠あたり約1500円、20mgの場合には1錠あたり約2000円とされます。
ジェネリック医薬品の値段は1錠あたり200円ほどと安価です。
個人輸入代行サイトを利用すれば、より少ないコストで勃起不全の治療を行うことができます。
本家のレビトラもジェネリック医薬品も、有効成分としてバルデナフィルを含んでいます。
副作用が出た場合でも基本的に軽度で、4時間から6時間ほど経過すれば回復します。
回復しない場合には病院で診察を受ける必要があります。
不安な場合には最初から病院で医師に相談するのが合理的です。
レビトラの副作用は基本的に軽度ですが、副作用を強める薬もあり併用できません。
またグレープフルーツなど副作用を強める食品もあるので、医師の指導を受けながら治療を行うと安心です。
併用が禁止される薬には硝酸剤と抗ウイルス剤、内服の抗真菌剤、抗不整脈剤、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬があります。
硝酸剤は飲み薬や舌下剤、貼り薬、吸入薬、注射、塗り薬、スプレーなど様々です。
過度に血圧を下げる可能性があるため併用できません。
抗ウイルス剤はHIVの治療薬で、併用するとレビトラの血中濃度が上昇する可能性があります。
内服の抗真菌剤は水虫などカビによる感染症の治療薬です。
抗ウイルス剤と同様にレビトラの血中濃度が上昇します。
抗不整脈剤をレビトラと併用すると心臓の動きに異常が発生する可能性があります。
慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬と併用した場合には症候性低血圧が起こる可能性が存在します。
ジェネリック医薬品を利用すればコストを抑えて勃起不全を治療できます。
一方安全性を重視するならば、病院で治療を行う必要があります。